カテゴリー「クマともりとひと」の5件の記事

皮むき間伐“きらめ樹”勉強会があります。

Kirameki13

こんにちは。小林スポーツ ブログ コバスポです。

〈皮むき間伐“きらめ樹”ご存じですか?…〉

「皮むき間伐」とは、従来の間伐方法とは異なり、木の皮をむいて、女性や子どもでも参加でき、環境意識の高まりとともに全国的に広がっています。皮むきした木や森がキラキラときらめくことから、“きらめき間伐”とも呼ばれています

知球と子どもたちの未来のために、私たちができることを一緒に考えてみませんか?勉強会が1月22日に巻で開かれます。興味のある方はご連絡下さい。

小林スポーツHPはこちらです。


続きを読む "皮むき間伐“きらめ樹”勉強会があります。"

|

クマともりとひとと③

Yama91

こんにちは。小林スポーツ ブログ コバスポです。

前にこちらの本を読んでからずっと加茂近辺の山はどうなんだろうかと思っていました。加茂の山に詳しい方と山や自然に興味のある方で集まって話し合いを持ちました。

山や森や動物たちの問題はいろんな要素がからみあい、最後には、アマゾンの話まででてくるようなとても難しい問題のようです。まずは近辺のことを知る。そこが第一歩のようです。写真は加茂山に登った時の写真です。

小林スポーツHPはこちらです。

|

クマともりとひと②

Kuma66こんにちは。小林スポーツ ブログ コバスポです。

前にご紹介したこちらの本を読んで、あれから加茂の山は?新潟の山は?と考えていました。いろいろ調べてみると、加茂市でもくまが里の方におりてくるので、本当の意味で奥山が豊かではないようです。新潟県も楢枯れの被害が多くでているので、人の助けがいるように感じます。

一人でも多く 山のことを考えてくれる方がふえればいいなとこちらの本取り寄せてみました。1冊100円でお分けしています。

詳しく小林スポーツ 小林賀代子まで

|

クマと もりと ひと ~ 加茂編

Kamo626

こんにちは。小林スポーツ ブログ コバスポです。

先日紹介させていただいた「クマと もりと ひと」 を読んでから加茂はどうなんだろうと考えていました。

無数の野生生物の宝庫 自然林(ブナ林などの落葉樹からなる)か?生物はすぎかヒノキだけの人工林か?

見渡してみると、ほとんどがスギだけの人工林の様な感じです。専門機関にお聞きしてみると最近加茂で植林されているのはスギがほとんどで、落葉樹はないそうです。ちょっとがっかりしましたが、お隣の三条市の栄地区で毎年ブナを植樹する活動をしている会があるそうです。文科省から表彰もされているそうです。嬉しくなりました。豊かな山は河を育て、海を育むそうです。加茂でもそんな活動ができればなあと思いました。

小林スポーツHPはこちらです。

|

クマと もりと ひと

Kuma66

こんにちは。小林スポーツ ブログ コバスポです。

先日、他の方のすすめで、この小冊子を購入しました。100円でしたので、気軽に買ってみたものの、読んでみると、その内容の重さに驚きました。

日本の奥山が危ない!くまが出没するわけなど、今まで考えていなかったけど、こんなことが・・・という感じです。奥山を守ろうという日本くま森協会が発行しているんですが、その協会も兵庫県の公立中学生の疑問から他に奥山を守ろうという活動をしているところがなく、自分達しかいないんだという中学生と先生の地道な一歩から始まったということです。地元 加茂の山はどうなんだろう?少し勉強してみたいです。

小林スポーツHPはこちらです。

|